FC2ブログ

kotora's ItaModel Report

趣味で作っている痛モデルを写真を交えて更新していこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

さて…

複数台研ぎ出し中のため申し訳ないと思いつつ、本日は画像はなしです…

といっても昨日のFC以外にもチェイサーやえぼてん!、マジェスタの一存などなど複数台アップしていきますので
もうしばらくお待ち下さい。。。

本日はウレタンについてちょこっとお話しします

僕が使っているのは東邦化研のエンジンウレタンでラジコン用なのですがもちろん模型にも使えます
溶剤もラッカー用、ウレタン用どちらも使えます
さらに模型用と比べ内容量に対して価格がリーズナブルです(笑
僕は複数台いっきにウレタンを吹いたり、なにかと作る台数が多いのでこれが重宝します

以前はフィニッシャーズのを使っていたのですが硬化剤の主剤の割合を守ったつもりで硬化剤が足りなくなるというトラブルに見舞われ東邦化研に切り替えました

ウレタンは塗膜が厚いのでスジ彫りをしっかり行わないとすぐに埋まりますw
窓枠は注意しておかないと後々大変なことになりますしね

ウレタンのメリットはラッカーと比べ遥かに塗膜が厚いので研ぎ出し中にカドが出るということがほとんどありません
さらにラッカーに比べ光沢は優れていますが、
エッジの部分がだるくなったり、しっかり管理しないとウレタン塗料が駄目になることもあるので取り扱いには注意という感じです

僕の場合、1回目の吹付けのあと3日間乾燥させて800番で足付け、2回目のコートで3日間乾燥させたあと状況に応じて1000番ぐらいから順に研ぎ出しを行いフィニッシャーズのファイン→ミクロ→ハセガワのセラミックコンパウンドで磨いてやります
そうすることでより綺麗な光沢が得られるんですね

最初のうちは取り扱いなど戸惑うこともありましたが慣れると非常にありがたい存在になります
もし光沢で困っている方が今したら一度試してみてはいかがでしょう?
スポンサーサイト
別窓 | プラモデル | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<本日はお休みです | kotora's ItaModel Report | 研ぎ出し終了っ!>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| kotora's ItaModel Report |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。